初めての方でも簡単に理解できる、車の個人売買のしおり

慌てなくても大丈夫!

名義変更(普通車のケース)

普通車の場合の名義変更は、車の名義を手放す側に必要な書類と、新たに名義を名乗るために必要な書類を揃えて、新たに名義を名乗る人が有用する、陸運局に提出して登録の差し替え作業をします。
その場合必要となるものが、印鑑証明書、委任状(実印の押印があるもの)、車庫証明(警察からの許可が下りているもの)が必要です。印鑑証明書、委任状に関しては、旧所有者、新所有者の両者の物が必要です。
名義変更に要する費用として、陸運局で名義変更を行う手数料して移転登録手数料500円、車庫証明手数料2500~3000円程度、自身ですべて行うことも可能ですし、窓口で尋ねれば丁寧に教えてくれます。しかし面倒と思う方は代書屋という窓口が備えられていて、そこに一括してお願いすれば、4000~6000円程度ですべて行ってくれます。

名義変更(軽自動車のケース)

軽自動車の場合の名義変更には、普通車の名義変更と少し違う点があります。
それは、書類の提出場所が陸運局の管轄ではなく、軽自動車検査協会事務所及び軽自動車検査協会の支所となります。
その場合必要となるものが、印鑑証明書及び住民票、申請依頼書、ナンバープレートが必要です。
その他係る費用として、普通車は、ナンバープレート代(現行のナンバープレートを変更したい場合)1500円程度かかります。ただし、自身の好きな番号を希望の場合は別途料金がかかり、総計3900~5600円程度かかります。また、図柄ナンバー希望の場合は、総額7000円~9200円かかります。軽自動車の場合は一般希望なナンバーと抽選希望ナンバーがあり、限られた数字を選ぶ際は、抽選希望ナンバーを選びます。どちらもあらかじめ予約が必要です。
料金は、ペイント式希望ナンバー代4200円程度、字光式希望ナンバー代6500円程度かかります。


この記事をシェアする