初めての方でも簡単に理解できる、車の個人売買のしおり

自動車税納税証明書の有無

所有権がついている場合

車検証上で所有権がある場合、例えば、ファイナンス会社、リース会社などが所有者となっていて、返済金が残っている場合は、所有権を外すために所有者の書類が必要になります。その際の残金は一括返済する必要があります。
この場合の書類手続きもいたって簡単で、ファイナンス会社、リース会社に連絡を取り「個人売買したいので名義解除の手続きをしたいのですが、必要な書類を頂けますでしょうか」とお願いすれば、必要な書類をそろえてくれるのでその書類を一式、名義変更の管轄の所へ持って行き手渡せば終了です。
ここで少し注意点があり、リースの場合は満了期間途中での一括返済はできませんので注意しましょう。(契約書にもよる)
逆にオートローンの場合、売却金額が返済金額を下回り持ち出し金が出てしまうような時は、次の車の購入をローンでお買い求めをお考えの時は、前のローンの残金を上乗せしてローンを組ませてもらえる時があります。

所有者がお亡くなりになってしまっている

所有者がお亡くなりになってしまっている際は、追加で特別な書類が必要となります。
その場合必要となる書類は、戸籍謄本、遺産分割協議書、印鑑証明証・譲渡上、車検証、自賠責保険証・納税証明書が必要となります。
戸籍謄本は、所有者が亡くなっているということを証明する為に必要な書類となります。
遺産分割協議書は、相続する人に対して、ほかの相続人すべてが、該当する相続人を相続人と認めているという証明をするために必要な書類となり、よって、他相続人すべての実印の捺印が必要になります。
誰が相続人かわからない時は、陸運局の相談窓口に問い合わせれば、丁寧に教えてくれますので安心です。
相続人の決定方法を自身で調べたい方は、国税局のHPを参考にすると分かりやすく説明書きされています。


この記事をシェアする